幼稚園の代わりに選択|子供が楽しく通える幼稚園選びのコツ|公立と私立の違いをチェック

子供が楽しく通える幼稚園選びのコツ|公立と私立の違いをチェック

キッズ

幼稚園の代わりに選択

子供

一日を英語で過ごす

海外でプリスクールというと、いわゆる幼稚園に当たることが多いのですが、日本では小学校入学前の保育を、完全英語で行う施設のことを指します。0歳児から通えるところもあり、今人気となっているのです。ではプリスクールとは、英会話教室とどう違うのでしょうか。英会話教室は、基本的には英語を習うという方針です。ところが、プリスクールでは英語は日常的に使用することばです。英語は生活そのもので、英語で話しながら社会生活を学んでいき、自然に身に着けていくのです。最近では幼稚園の代わりにプリスクールに通わせる家庭も増えていますが、多くのことが得られる半面、学費が高額になるために計画をもって通わせることが必要です。例えば、週5日通わせた場合は、月額は10万円近くになることもあり、その他にも入学金、施設費、給食費は別途かかります。一般の幼稚園と比べて年間保育料は高くなると言えます。

学ぶのではなく身に着ける

プリスクールの一番のメリットは、耳から入ってくるヒアリングの能力です。小さい頃の耳から入る音は、その後の語学力に大きな影響を与えます。幼いころから使っている方言が、大人になってからもなかなか抜けないのと同じで、日常的に英語の生活習慣の中にいると、たとえプリスクールを卒業した後でも、聞き取りや発音で有利になります。これが大人になってから学ぶ英語教育の壁とは異なるメリットです。また、プリスクール卒業後、一般の小学校に入学した場合も、アフタースクールなどと連動して利用することが可能です。せっかく英語漬けの生活で身に着けた財産を、小学校以降も忘れないようにするために、英会話教室とは異なるアフタースクールを選択することで、さらなる英語環境に身を置くことが可能なのです。