子供が楽しく通える幼稚園選びのコツ|公立と私立の違いをチェック

女の人

楽しく学ぶことがポイント

女の子

小学生までに正しい英語に触れる機会がたくさんあれば、マスターすることも十分に可能です。そのためには、子どもに興味を持ってもらえる教材選びを行い、親御さんも一緒に学ぶことがポイントとなります。塾を検討するのであれば、楽しく学べ、教え方がうまい講師が在籍する塾を選ぶことが大切です。

もっと読む

子供を幸せにするには

先生と子供

自分の子供を幸せにするには幼稚園選びが重要ですが、福岡には優れた幼稚園が沢山揃っています。福岡の幼稚園では教員の年齢層が20代から60代までまんべんなく網羅されていることが多く、離職率が低いところは珍しくありません。教員にとって快適な幼稚園であれば、児童にとって快適であることも想像に難くはありません。また、様々な年齢層の教員がいるということは、父、母、姉、兄、祖父、祖母の役割を果たす人物が揃っているということになります。園内の設備や環境が整っているのも福岡の幼稚園の良いところであると言えます。園庭で遊んだり室内でお絵書きや折り紙をしたり、という当たり前のことを当たり前のように行うことができるのが福岡の幼稚園の売りです。

福岡の幼稚園に自分の子供を入園させる際に把握しておくべきなのは、私立と国公立で保育の内容が全く違うということです。まず国公立では大抵午後2時頃に児童を帰宅させます。基本的に延長保育はしない方針となっています。それに対して私立では午後4時頃まで子供を預けることが可能であり、延長保育も可能です。また、私立では園内のサービス内容も充実しており、制服着用や給食、バス送迎など全体的に園任せとなっています。そのため、仕事が忙しくてなかなか迎えに行くことが出来ないという家庭などでは、私立を選ぶ家庭も多いのです。育児の負担を減らしたいなら私立の幼稚園を選ぶことが、育児を園任せにしたくない場合は国公立の幼稚園を選ぶことが適切であると言えるでしょう。

才能豊かな子にするために

男児

幼児教室は子どもを成長させることができ、今まで知らなかった才能を知ることができる場所です。しかし親が子どもに勉強のプレッシャーをかけてはいけません。子どもが才能を開花させるためには「楽しむこと」がとても大切です。

もっと読む

幼稚園の代わりに選択

子供

プリスクールは、小学校入学前の保育を英語で行う施設です。英会話教室が学ぶことが目的ですが、プリスクールは英語で生活を行います。幼稚園の代わりに選択する家庭も多いですが、学費が高額になることも多く計画性が必要です。耳から入る自然な英語はその後の財産にもなり、忘れないように続けていくといいでしょう。

もっと読む